後三年記詳注 - 野中哲照

野中哲照 後三年記詳注

Add: biqeruk88 - Date: 2020-11-30 09:23:21 - Views: 5928 - Clicks: 4637

野中 哲照 研究分野. 梶原正昭, 大津雄一, 野中哲照校注・訳. 野中 哲照 汲古書院 年2月 保元物語の成立 野中 哲照 汲古書院 年2月 後三年記詳注 野中 哲照 汲古書院 年2月. 年「文学史的展開から見た前期軍記の研究」で早稲田大学博士(文学) 。 受賞歴. 17-23 野中哲照. 野中哲照 國學院雑誌年3月 招待有り 時代社会を映す鏡としての『後三年記』―王朝国家期の領土広域化現象―. 野中 哲照 略歴 〈野中哲照〉1961年福岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。國學院大學文学部教授。博士(文学)。著書に「後三年記詳注」「保元物語の成立」など。.

目次 : 第1部 注釈篇『後三年記』詳注(真衡の威勢/ 成衡. (承前) 中原康富は『康富記』に、自らが閲覧した承安本『後三年絵』の内容を要約して記している。その中の『後三年記』の欠失部に相当する部分には、家衡が義家によって清衡の館に同居させられていたときに、清衡を殺そうとしてその館に火を放ち、清衡の妻子や従者を殺害した旨が. 後三年記の成立 フォーマット: 図書 責任表示: 野中哲照著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 汲古書院,. 野中哲照「出羽山北清原氏の系譜――吉彦氏の系譜も含めて――」「鹿児島国際大学国際文化学部論集」15巻1号、年6月 野中哲照 『後三年記詳注』汲古書院、年、ISBN 978-4-7629-3616-6. 武則の跡を子武貞が継ぎ、さらにその子真衡が継いだ。真衡は延久蝦夷合戦で活躍し鎮守府将軍となった貞衡と同一人物とする説がある。真衡は、棟梁の権限を強め、平氏の岩城氏から養子を取って後継者(成衡)とし、さらにその妻に源頼義の娘を迎えた。 真衡はこうして武家としての清原氏を確立させようとしたが、その過程で一族の長老吉彦秀武や異父異母弟清衡(藤原経清の遺児。母親が清原氏に嫁したため養子となる)、異母弟家衡(武貞と清衡母のあいだの子)と対立し、その鎮圧戦の最中に急死した。源義家の調停により遺領は2人の弟が分け合うこととなったが、この条件を不服として家衡が清衡を攻撃、出羽国沼ノ柵では清衡側としてこの紛争に介入した源義家軍を破った。家衡の叔父にあたる武衡は家衡の戦勝を聞きつけてこれに与力し、出羽国金沢柵の戦いでは籠城戦を戦ったものの清衡を応援した義家軍により滅ぼされた。この一連の内紛を後三年の役といい、勝利した清衡は奥州の覇権を握り、摂関家に届け出て実父藤原経清の姓藤原を名乗るに至り、清原氏惣領家は滅亡した。 『吾妻鏡』には、奥州合戦の後、源頼朝の呼び出しに応じた清原姓の古老の存在が記されているが、出羽清原氏との関係は不明である。. 2: 後三年記詳注 - 野中哲照 後三年記の成立: 野中哲照 著: 汲古書院:. 16-16 野中 哲照.

11 形態: xi, 337, 15p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 野中, 哲照(1961-) 書誌ID: BBISBN: 2 形態: x, 488, 26p : 挿図, 地図 ; 22cm ISBN:著者名: 野中, 哲照(1961-) 書誌ID: BB注記: 文献あり 索引: 巻末p1-24 図版・図表等一覧: 巻末p25-26. 10: 新編日本古典文学全集: 梶原 正昭;大津 雄一;野中 哲照【校注・訳】 小学館:. 前田家本 承久記: 日下・田中・羽原: 汲古書院: 平16 : 9,900円: 文正草子の研究: 岡田啓助 : 昭58 : 13,200円: 後三年記詳注: 野中哲照: 汲古書院: 平27 : 13,200円: 保元物語の成立: 野中哲照: 汲古書院: 平28 : 13,200円: 軍記文学の系譜と展開: 梶原正昭 : 平10 : 14,300円. 【ゆうメール利用不可】。後三年記詳注本/雑誌 / 野中哲照/著. 汲古書院. 朝廷に服属した蝦夷を俘囚といい、清原氏はこの俘囚の主(『陸奥話記』)と史料にみえる。自身も俘囚の一族ではないかとも考えられているが、系図では中央貴族である清原氏の深養父系とされている。しかし深養父の子から出羽清原氏に繋がる部分の信憑性(しんぴょうせい)に疑問があることから、元慶の乱で都から来た清原令望を祖とする在庁官人ではないかともいわれている。『陸奥話記』などでも安倍氏と違い「真人」の姓が明記されており、鎮守府将軍に補任されることができたことからも単なる俘囚ではないとする見解が多いが、実際の家系についてはまだ不明な点が多い。 1990年代以降、武則系を海道平氏(岩城氏)の一族とする説が唱えられると、これを強化する論考が続き、有力な説とする論考も現れている。. 後三年記詳注/野中 哲照(小説・文学) - 清原氏一族の内紛、源義家の介入など、奥羽の争乱を記した「後三年記」。その本文に読み仮名を付し、欠失部分を復元して、校異・口訳・語釈・考察とと. See full list on wpedia.

後三年記詳注 フォーマット: 図書 責任表示: 野中哲照著 出版情報: 東京 : 汲古書院,. 野中哲照(ノナカテッショウ) 1961年福岡県豊前市生まれ。1984年早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。1992年早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。. 後三年記詳注 フォーマット: 図書 責任表示: 野中哲照著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 汲古書院,. 著者 野中哲照 出版社 汲古書院; 刊行年 平27; ページ数 488; 発送ポリシー 送料全国一律。1キロ未満・厚さ3センチ以下は200円。1キロ以上、厚さ3センチ以上でレターパックで送れるものは520円。それ以外は1箱につき、700円. 野中 哲照『後三年記の成立』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 安倍頼時追討の真相―永承六年~天喜五年の状況復元―(/07/01) 『陸奥話記』形成期における源氏寄りプロパガンダの存在――康平七年『頼義奏状』『義家奏状』の虚実――(/03/01) 詳しく見る. 窪田空穂賞、1991 著書 単著 『後三年記の成立』 汲古書院、 isbn『後三年記詳注』 汲古書院、 isbn.

2: 後三年記詳注: 野中哲照 著: 汲古書院:. 年4月19日更新 私たち現代人は今この瞬間も、歴史を語り、その都度物語を再生産している。 年代に入って以降、「歴女」の流行、戦国武将ゲームの席捲、歴史学習ブームなどをうけ、歴史に対する興味関心は、ますます加速している印象さえ受ける。. 野中哲照著. 尚、『康富記』での「後三年絵」に関するほぼ全文が、関幸彦『武士の誕生』(nhkブックス、1999年)に漢文でなく書き下し文で載っているほか、欠失部については野中哲照『後三年記詳注』に注釈や現代語訳も掲載されている。 『奥州後三年記』の信頼性. 後三年記詳注 - 野中哲照 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 11: 時間と空間: 院政期文化研究会 編: 森話社:. 2 形態: x, 488, 26p : 挿図. Pontaポイント使えます! | 後三年記詳注 | 野中哲照 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!.

第1部 注釈篇『後三年記』詳注(真衡の威勢;成衡婚姻の宴;秀武登場 ほか) 第2部 本文研究篇(『後三年記』の本文研究;『後三年記』の校訂本文(研究者用テクスト)) 第3部 欠失部復元篇(『後三年記』欠失部の分量;『後三年記』欠失部の内容;『後三年記』欠失部の表現 ほか). 後三年合戦終結の年である寛治元年(1087年)の誤りというには、あまりにも年代がかけ離れている。 住職さんの話では、不二軒は当初は天台系であり、近年、平泉の中尊寺の末寺であったことがわかったという。. Amazonで野中 哲照の後三年記詳注。アマゾンならポイント還元本が多数。野中 哲照作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また後三年記詳注もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 野中哲照『後三年記詳注』汲古書院、年、isbn 978-4-7629-3616-6 脚注 編集 ^ 後三年の役 の際、 応徳 3年( 1086年 )に家衡によって殺害された女性で男女別・人数は不明であるが、清衡との間に子をもうけていた清原一族の人ではないかと推測されており. 〔紹介〕松尾葦江編 軍記物語講座第三巻『平和の世は来るか 太平記』.

野中哲照 著: 汲古書院:. 野中哲照「出羽山北清原氏の系譜――吉彦氏の系譜も含めて――」「鹿児島国際大学国際文化学部論集」15巻1号、年6月 野中哲照『後三年記詳注』汲古書院、年、ISBN 978-4-7629-3616-6. 汲古書院. 11 形態: xi, 337, 15p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 野中, 哲照(1961-) 書誌ID: BBISBN:. 野中哲照校注・訳. , 秋田・岩手・宮城三県の実地踏査による『奥州後三年記』の実体密着性と虚構性の研究, 奥羽山脈を横断する7ルート(1)秋田県横手市-仙人峠・巣郷越(国道107号)-岩手県北上市 (2)秋田県平鹿郡十文字町-柏峠・手倉越(同397号)-岩手県水沢市 (3)秋田県平鹿郡十文字町-須川越(同342号)-岩手県ー. 1961年福岡県生まれ。鹿児島国際大学国際文化学部および同大学大学院国際文化研究科教授。博士(文学)。著書に「後三年記の成立」など。 目次タイトル: 解説: 第一部 注釈篇 『後三年記』詳注: 第二部 本文研究篇: 第三部 欠失部復元篇: 前九年・後三年の.

後三年記詳注 - 野中哲照

email: ahivo@gmail.com - phone:(809) 504-3649 x 8061

標準版 教科書準拠かんじ2年 1・2・3学期用 - 謡の習い方 飯野英夫

-> 千葉県 高校入試 合格できる英語 平成30年
-> 最低賃金・業種別・規模別就業規則総覧 - 岡主正

後三年記詳注 - 野中哲照 - 土木施工管理技術検定 井上国博 図解でよくわかる


Sitemap 1

虫の知らせ 鳥兜のお咲 - 松田美智子 - 兎原シイタ